ワンコイン野球 紅白戦 薬大スタジアム

500円払えば活動日に誰でも立派な球場で野球を楽しめる!

チーム名も名簿もユニフォームもない野球好きの集まり!

年齢・性別・経験の有無は一切問わない!

それが私が2年前に作ったワンコイン野球です。

 

新型コロナウィルスの影響で仕事が激減!

さらに大好きなプロ野球も無観客で見に行けない!

何とも言えない気持ちで過ごしている時に、取引先の方から「じゃ~社長が野球をやってみませんか?」という一言で始まったのが2年前の5月でした。

最初は7人でグラウンドを貸し切り静かに始めた活動が、今では本当に多くの方々に参加をいただき、現時点で活動に参加していただいた方は50人を超えました。

レギュラーメンバーは25人程度おります。

会社の従業員も強制ではなく、自らの意思で経験のない野球を一生懸命楽しもうとしてくれていて協力的です。

自分はと言いますと・・・

このワンコイン野球を結成してからというものすっかり野球人です。

キャッチ―ボールもまともに出来なかった40過ぎのオッサンが、今では週に2~3回は草野球を一生懸命楽しんでいるから不思議なものです。

 

そんなワンコイン野球2年目もいよいよシーズン終了の時期となりました。

野球は基本的に3月~11月くらいまでしか楽しめません。

寒い時期には向いていないスポーツなんですよね。

その為、いつもお世話になっているグラウンドも12月~2月までは基本的にクローズとなります。

また、私の仕事は10月の後半から12月までが「超繁忙期」です。

草野球などやっている時間はないんです。

ある意味野球をやるには都合のいい仕事なのかもしれませんね。

 

ワンコイン野球2年目のシーズンの最後を締めくくるべく、私は派手なイベントを企画しました。

「俣野公園 薬大スタジアム 紅白戦」です。

 

 

いつも活動しているグラウンドには電光掲示板も観客席もありません。

グラウンド自体は立派ですが、どうせやるなら公式戦などが行われる本格的な球場でやりたい!と常々思っていたんです。

 

 

薬大スタジアムは高校野球の予選会はもちろん、横浜市の名立たる大会の会場になっている伝統のある立派な球場です。

そんな場所でただの素人オッサン集団が野球をやったらどうなるのか?

興味津々でまずはグラウンドの確保を始めました。

 

毎月10日ごろにインターネットで先着順でグランドを取ることが出来ます。

私は仕事そっちのけでパソコンの前でマウスをクリックし続けました。

そして見事、薬大スタジアムを4時間借りることが出来たんです。

 

すぐにメンバーに連絡をし紅白戦の参加メンバーを募りました。

10月10日(祝日) 17時~21時

「俣野公園 薬大スタジアム 紅白戦」

誰でも参加できる完全なお遊び試合です!

 

皆さん仕事やプライベートのスケジュールがありますので直前までなかなか参加メンバーが決まりませんでした。

しかし!ワンコイン野球は気軽に参加できるのが売りです。

直前まで私は連絡を待つことにしました。

10月7日の時点で参加を申し出てくれた方はたった12人・・・

このままでは開催自体が危うい?とも思いましたが皆さんいつも直前になって「せっかくだから行こうかな~」なんて思う方ばかりです。

そして前日の9日、最終的に30名のメンバーが参加を表明してくれました。

これで賑やかに開催できそうです。

 

問題は私の仕事です。

祝日の営業時間は18時までとなっています。

17時から始めようというのに間に合うはずもありません。

そこで社長特権!

この日だけは営業時間を1時間早め17時までとしました。

表向きは「社内行事の為」となっております。

きちんと事前にアナウンスしておいたので大丈夫ですよ!

 

迎えた当日!

朝からそれほど会社の方は忙しくありません。

来店も少なく「17時前には閉店しちゃおうかな」なんて思うくらいでした。

しかし!!

16時過ぎにまさかの来店ラッシュ!

スタッフ全員でスピーディーにお客様を捌きました。

そして何とか17時に閉店することができ、急いで現地へ向かいます。

 

現地では先発隊が18時プレイボールに向けて準備を着々と進めてくれていました。

後は試合開始を待つばかりでしょう!

 

 

ここでトラブルが発生!

私は末っ子と末っ子の友達を車で乗せていきました。

その時、急いで準備をしていたせいか?グローブとスパイクを会社に置いて来てしまったんです。

気が付いたのは球場に着いた時でした。

この時すでに17時45分!

私は「先に試合を始めていてください!」とメンバーに伝え急いで荷物を取りに戻りました。

30分以上の遅刻でした・・・

 

今回の紅白戦では初めての試みとして「電光掲示板」&「場内アナウンス」を使用しました。

 

 

我がチームの活動にいつも協力してくれる女性2名にこの大役を任せ、本格的に試合が行われました。

 

 

掲示板やアナウンスはバックネット裏の部屋から操作します。

 

 

こんな機械をなれない手つきで一生懸命操作し、この日初参加で名前と顔が全く分からないなかでも一生懸命アナウンスをしてくれました。

 

 

試合の方も白熱した展開で今までで一番盛り上がる試合内容だったと思います。

全員が打席・守備機会があり我がチーム初のホームランも飛び出しました!

3時間できたので9回まで行えました。

これも初めての事でした。

 

 

電光掲示板に名前が載り「1番バッター○○~」なんてコールされるだけで立派な野球選手にでもなった気分になります。

幼いころからの憧れがやっと実現できました~

 

 

最後はみんなで試合撮影です!

 

 

結成した時は7人でこじんまりしたグラウンドで始まった活動が2年でこれだけの人を巻き込んで楽しく活動できるまでに成長しました。

しかも本格的なグラウンドで!

本当に感無量です。

活動に参加してくれる方々にも心からお礼を言いたいですね。

みんな本当にありがとう!

来年も色々な楽しいイベントを企画していこうと思っています。

 

 

末っ子とツーショットで写真も撮れました~

こんな事でもないと二人で写真を撮る機会などありませんからありがたいお話です。