米軍基地でゴルフ

お正月休み最終日はゴルフです!

 

 

12月に誘われていましたが、忙しすぎて行ける訳もありません。

「年明けでお願いします!」と言っていたら正月早々にゴルフをすることになってしまいました。

 

しかし、この日は特別なメンバーとのゴルフです。

取引先の方で息子さんが末っ子の中学野球部時代の先輩親子とその友人!

そして、先日草野球同窓会にお招きした、末っ子の中学野球部時代の恩師とのゴルフです。

場所はなんと!!

厚木基地!!!

 

 

実は米軍基地の中にはゴルフ場があります。

基地内で生活している人だけではなく、一般人も利用できるのです。

しかし、基地内はアメリカ領土です。

入るためには身分証明書の提出や審査があります。

取引先の人は厚木基地内に何度も仕事で訪れているので、スムーズに入ることが出来ました。

 

 

一歩入ればそこは米軍基地!

アメリカンな匂いがプンプンしますね。

私の実家のすぐ近くには横田基地がありましたので、年に2回ほど基地内で行われるイベントには必ず参加していました。

だから米軍基地に入る事に真新しさはなかったのですが、30年ぶりに入る基地にちょっとだけ緊張しましたね。

 

入ってすぐのところにゴルフ場があります。

ちなみに基地内で働いている人はほとんどが日本人なので英語が話せなくても全く問題はありません。

 

 

この日のプレー代は「55ドル」でした。

円安なのでいつもより高いそうですがそれでも安いと思います。

 

早速プレーを開始しましたが・・・

基地内のゴルフ場は完全セルフです。

自分でカートに荷物を積み、時間になったら前の組の人の進行状況をみて勝手に始めます。

さらに驚いたのが「カートのコース内乗り入れOK!」というスタイルでしょう。

 

 

通常のゴルフ場はコースの脇にカート道があり、カートはそこ以外を通行することは出来ません。

しかし、ここはグリーン周り以外はカートをどこに走らせてもOKなんです。

その為、ボールの落下地点までカートで移動できるので非常に楽でしたね。

特にティーショットでフェアウェイど真ん中に打てた時、カートでそのままコースを縦断してボール付近まで行けるのは気持ちが良いものです。

 

 

末っ子の恩師も取引先の息子さんもゴルフがとても上手で本当に驚きました。

私は相変わらずのスコアでして・・・

 

 

それでも新年早々気持ちの良いゴルフとなりました。

 

ゴルフのあとは基地内のフードコートで食事です。

 

 

ゴルフ場にレストランはなく、18ホール休憩なしでそのまま回ったのでお腹も空いていました。

アメリカンなジャンクフードをたくさん食べて家路につきました。

とは言え、ゴルフ場から自宅までは車で20分ほど・・・

あっという間に自宅へ到着してしまいました。

近くにこんな場所があったなんて・・・

なんでも経験してみるものです。

末っ子の恩師とプライベートでこうして交流が持ていることにも感謝です。

 

家に帰ってからは晩御飯の支度を急いで済ませてお正月休み5連休が終わりました。

明日からは2023年の仕事始めです。

気合を入れて、新たな気持ちで臨みたいと思います。

 

箱根駅伝

1月2日はとにかく朝から呑んで食べてだら~っと過ごしていました。

夜にはカミさんの実家に行き家族全員で食事会を!

1年に一度だけ全員が集まる貴重な機会でしょうか?

 

翌日の1月3日!

夜遅くまで呑んでいた私は娘にたたき起されました。

「ね~走りに行こうよ~」

じっとしていられない娘はどうしても体を動かしたいようです。

仕方が無いので着替えてランニングに出かけました。

 

 

数年前までは娘とよくランニングをしていました。

自宅から江の島まで21キロを走ったりもしましたね。

しかし、ここ数年は忙しすぎてそんなことも出来ていない状態でした。

せっかくなので横浜まで11キロのランニングを開始です!

 

横浜まで走った理由は「箱根駅伝」を見るためでした。

 

 

目的地に到着すると、カミさん、長男、義理父が電車で先に到着していました。

 

 

箱根駅伝を生で観るのは3年ぶりになります。

3年前は長男の同級生が2区を走るということで観戦に行きましたが、コロナになってからはTV観戦しかできず、長男の同級生の激走もなかなか生で観ることが出来ない状態でした。

しかし!!

今年は9区を走る!という情報が飛び込んできまして家族総出で観戦に繰り出したというわけです。

 

沿道には多くの人の姿がありました。

コロナ前の姿に戻ったかのようで嬉しかったですね。

そして!!

長男の同級生が目の前をものすごいスピードで走っていきました。

 

 

他のランナーももの凄いスピードで走り去っていきます。

まさに「激走」と呼ぶにふさわしい光景でした。

 

 

駅伝を見終えて帰ろうとしたら娘が「帰りも走って帰ろう!」なんて言い出したのですが、さすがに電車で地元の駅に戻りました。

なんという思考回路なんでしょうか?

 

 

丁度お昼を過ぎた頃でしたのでランニング後の1杯を!

格別でしたね。

 

明日はゴルフです。

早めに床に就きました。

 

新年あけましておめでとうございます

晦日から元旦にかけて食べて呑んでの「デブ活」をしてみたら、体重はあっという間に1キロ戻りました。

明けましておめでとうございます。

 

元旦は特にやることもなかったので朝から台所で料理をしていました。

 

 

大好物の「アヒージョ」を作って午前中から吞んでましたね。

 

午後からは会社に行き「年賀状」を書きます。

 

 

毎年の事ですが忙しすぎて書いている時間など全くないんです。

いつも正月にゆっくりと丁寧に書いています。

取引先や友人に出すのですが、その数50~80枚ほど!

今どきはプリンターで簡単に印刷できるのでしょうが、私は手書き派です。

60件ほどの宛名を書いていたら若干の腱鞘炎になってしまいました。

 

午後からはじっとしていられない体育会系女子の娘と、打ちっぱなしへ行きました。

 

 

ここは24時間365日営業しているので非常にありがたいですね。

意外とお客さんが多くて驚きました。

 

ゴルフ2回目の娘も楽しんでくれたようです。

2人で400球も打っちゃいました。

 

 

その後家に帰ると・・・

 

 

年末に注文していた「ipad」が届いていました!

 

実は私タブレットの操作が非常に苦手なんです。

スマホならまだ何とか慣れてきたのですが、とにかくキーボードとマウスが無いものを操作するスキルがゼロですかね。

体質的なものもあるのかもしれませんが、液晶のタッチパネルと私の指の相性がとにかく悪いんです。

切符を買うのも、外食に行った時に注文するタブレットも、ノートパソコンのパッド部分もとにかく思うように反応してくれなくて・・・

だからずっとタブレットを避けてきました。

しかし!カミさんの「ipadが欲しい!」の一声でついに購入を決意!

せっかくなのでまずはピアノを弾くのに使ってみました。

 

 

やはり便利です。

 

しばらくすると娘が勝手に操作し始めて・・・

 

 

女子力が1ミリもない絵を描いてましたね(笑)

 

夜は高級和牛ですき焼きを堪能して2023年初日を終えました。

体重は1.8キロ戻りましたね。

 

大晦日

激務を終えた翌日の朝!

あまりの疲労感で仕事納めの夜は意識が完全に飛んでしまい、風呂にも入らず寝てしまいまして・・・

翌朝風呂に入ろうと思い全裸になって気が付きました!!

鏡に映るガリガリの男の姿!

まるでガンジーのような体です。

恐る恐る体重計に乗ると・・・

47.2キロ!!

12月の上旬には53キロあった体重は一ヶ月で7キロ近く落ちていました。

自分でも「よく生きているな~」と思うほどの痩せっぷりです。

毎年のこととはいえ今年は特に忙しくて食事もまともに取れていなかったんでしょうね。

毎朝飲むヤクルト1000と栄養ドリンクが唯一の栄養源だったのかもしれません。

風呂に浸かっていると猛烈に腹が減ってきました。

本日から5連休です。

毎年の事ではありますが減った体重をこの期間に戻す「デブ活」を開始します!

 

まずは昨日従業員全員に配った高級和牛詰め合わせを開封

 

 

朝から肉をガッツリ食べます!

 

 

午後からは江の島へ!

 

 

ここでもお腹いっぱいになるまで食します!

 

 

日が暮れた頃からはちょっと早めの「初詣」です。

 

 

毎年我が家では「フライング初詣」と題して、大晦日の夕方にお参りにいきます。

年越しや新年はどうしても混雑しているので避ける狙いもありますかね?

 

 

今年もこの時間は比較的空いていました。

 

 

おみくじを何年かぶりに引いてみました。

基本的に科学的根拠のない占いとかは全く信じない方なのですが、大吉の文字を見ると悪い気はしませんね。

 

家に帰ってからはおせちを開封です!

 

 

今年生まれて初めて「おせち」をネット注文してみました。

毎年しっかり作るわけではないのですが、なんとなくそれらしきものは作っていました。

しかし、ほとんど家に帰らない生活を送っていると買い物にも行けません。

 

生まれて初めての外注おせちと、年末に買っておいたワインで紅白歌合戦を観ながらゆっくり過ごしました。

 

 

長男とあっという間に開けてしまい、2本目の日本酒に突入!

 

 

紅白のあとはジャニーズカウントダウンをなんとなく見て、すぐさま近所の神社に初詣です。

 

 

カミさんと末っ子は寝落ちしたので、長男・長女と行ってきました。

 

 

こんな感じで大晦日は無事終了!

翌日は何をしようか?考えながら寝ることにしました。

 

繁忙期を乗りきって

私の仕事は季節商品を扱う関係で繁忙期が年に2回あります。

特に忙しいのが12月!

通常の月の3倍の来店があり、売り上げも3倍になります。

いつもの3倍の仕事量を3倍のスピードでこなさなければいけないまさに時間との闘いとも言えるのが12月です。

 

 

今年は8月に私が目をかけていたスタッフが退職し、9月には女性スタッフも退職しました。

すぐに新しい人材を確保すべく求人を出しましたがそう簡単に見つかるはずもありません。

何とかアルバイトを1人確保し今年の繁忙期に突入しました。

連日電話は鳴りっぱなし!お客様は続々と来店!販売・会計・伝票処理を1人でこなさなければいけなくなりそれはそれは大忙しでした。

もちろん外の作業の手伝いもしなければいけません。

そんな絶望的な状況の中、本当にありがたい人たちが続々と私の周りに集まって来てくれました。

1人は3年前に取引先に新入社員で入社した青年です。

残念ながら頭はよろしくないのですが、真面目でスポーツマンです。

そんな彼が「社長!もし必要なら私に手伝わせてください!」と申し出てくれました。

彼には3年前からたくさんのご飯や飲み代をご馳走しています。

仕事のアドバイスも遊びもたくさん教えてあげました。

そんな彼が恩返しとばかりに手伝いに来てくれたことはこの12月非常にありがたかったです。

さらにもう一人!超強力な助っ人も登場してくれました。

同業者で16年この業界で働いていた長年の知り合いです。

今は別の業界で活躍しているのですが、我が社の状況を聞いて「ぜひ手伝わせてください!」と言ってくれました。

この2名のおかげで12月は何とか乗り切れたんです。

(もちろん日当はきちんとお支払いしましたよ。)

それでも私の1か月の労働時間は540時間でした!

他の従業員は定時に帰しているので必然的にこうなりますね。

家にほとんど帰らない日々でした。

 

ちなみに!

 

 

売上もおかげさまで過去最高!

利益も過去最高でした!

義理の父が会社を立ち上げて24年。

やっと理想の売り上げが達成できたんです。

 

最後の営業日には全員にアマゾンギフトカード2万円分と高級和牛の詰め合わせ2段重を配りました。

(正社員のメンバーにはボーナスをさらに奮発もしています)

こんな程度ではお返しにならないくらいみんなに助けられた12月でした。

 

 

我が社は12月決算!

1月からは決算の準備に追われます。

正月は12月31日~1月4日まで5連休です。

しっかり休養して気持ちを新たに新年を迎えたいと思います。

みんな本当にありがとう!

 

職業体験授業

両親ともに教員でした。

ちなみに、祖母と祖父、父方の叔父、叔母も教師でした。

母方の祖父の弟も教師でした。

(ちなみに平成の大横綱千代の富士」は教え子だったそうです)

そんな私はもちろん将来は教師になるものだと親戚一同思っていたそうです。

長男&初孫!

誰もが私もその道を継ぐと考えるのは自然な事だったのかもしれません。

しかし、ひねくれものの私は教師にはなりませんでした。

大学で教職を取る事さえしませんでした。

理由は簡単です。

父と母の仕事ぶりを見ていたらとてもじゃないけどやりたい!とは到底思えなかったんですよね。

毎日大変なおもいで生徒の指導にあたり、時間外労働は当たり前!

休日も生徒やその保護者の為に自分の時間を無償で使い続ける姿を目の当たりにしてきましたから・・・

結果的に全く異なる職業についておりますが、今では両親以上に大変な思いをしているから面白いものです。

会社社長という立場上、時間外労働なんて概念もありませんし、休日はもっぱらお付き合いで終わります。

勤務時間外はほぼお付き合いばかりでしょうか?

両親のようになりたくなくて今の道に進んだのに・・・

皮肉な話です。

そんな私がここ数年教壇に立つようになったんです。

これも不思議な話です。

 

 

きっかけは4年前です。

私のお客様に学校の先生をしている方がいらっしゃいました。

その方は中学校の社会科の先生でした。

ある日「よかったら学校行事に参加いただけませんか?」と突然のオファーをいただいたんです。

話を聞くと、その中学校では毎年2月にスキー教室のイベントが開催されていました。

もちろん私も中学生の時には参加したものです。

しかし、その年はインフルエンザの流行を懸念する親から反対があり中止になったんだそうです。

そこで学校側は、校内で職業体験イベントを開催することにしました。

様々な職業の方々を学校へ招き、中学生に体験してもらうイベントでした。

もちろん「ぜひ協力させてください!」とお返事をして学校でのイベントに従業員と参加をしました。

その後、会社のブログにそのことを書いたんです。

すると・・・

市内の多くの中学校から毎年のように問い合わせが来るようになります。

スケジュールが合わずお断りするケースもありますが非常に喜ばしいことです。

そして今年、市内の中学校から正式なオファーをいただき今回もしっかりと職業体験授業を行ってきました。

 

 

場所は西谷中学校!

この日はお店を従業員に任せ、私と担当セールス、そして16年来のお付き合いがある他店舗で働いてる友人にお手伝いいただき授業を行ってきました。

生徒さんに案内されて教室に入る時、いつも思うのは「結局教壇に立つんだな俺も・・・」という妙な納得感でしょうかね?

 

職業体験授業で私が必ず初めに行う作業は「名刺配り」です。

中学生とは言え、この時ばかりは社会人になるための勉強です。

名刺なんてもらう機会もまだないことでしょう。

そんな彼らに一枚一枚私の名刺を配ります。

生まれて初めて受け取る名刺が私のものというのも光栄な事だったりもします。

みんな恥ずかしそうにしながら受け取ってくれました。

その後は私自身が作成したオリジナルのテキストを使いながら30分ほど講義を行います。

難しい話をしても中学生にはわかりません。

そこで、ネットニュースになっているような自動車関係の話題を中心に話をしていきます。

みんな真剣に聞いてくれて本当にありがたかったですね。

 

 

講義のあとは、学校の中庭をお借りして実際に私たちが日々行っている作業風景の実演を行いました。

友人が立派なサービスカーを借りてきてくれて実演を一生懸命やってくれました。

初めてみる機械、作業工程に子供達の興味はますます湧いてきますね。

 

 

その後は用意した様々なタイヤを触らせました。

日常的によく目にするタイヤですが、実際に裸のタイヤを持ち上げたりしたことがある人間はあまり多くないでしょう。

基本的には我々のような専門店に全てお任せするのが一般的ですしね。

また、昔は公園に行けば地面に半分埋まったタイヤが遊具として存在していました。

馬飛びをしたり思いっきり飛び跳ねたりしたものです。

しかし、今ではそんな公園も皆無でしょうか?

ますます、タイヤに触れる機会がない現代の子供達!

初めて触って持ち上げて・・・とても貴重な体験になったと思います。

普通であればここで体験授業は終わるのでしょうが、私はこう見えてスパルタです!

 

 

社用車を使って生徒さん全員にタイヤの付け替え作業も体験してもらいました。

中学2年生であればきちんと教えれば出来るものです。

ひとりひとり丁寧に指導しながら30分かけて全員に体験してもらうことが出来ました。

みんな思いのほか上手に出来ていて、数年後アルバイトとして採用したくらい器用な子もいましたね。

 

 

最後にもう一度教室に戻り質疑応答です。

毎回ですが必ず出る質問があります。

「この仕事はお給料はいいですか?」

こんな時私は必ず正直に答えるようにしています。

「頑張れば給与が良くなるよ!」とか「やり方次第だよ!」なんていい加減な話をしたところで、中学生には到底わからないものです。

「20代は年収250~350万」「30代は400~450万」「50代は500万程度」の年収と答えました。

また、うちのような小さな会社では退職金などは雀の涙程度だということも伝えました。

そしてこうも言いまいした。

「将来豊かな暮らしがしたければそれなりの企業に就職しなさい!」

「自分のやりたいことで飯を食える人間なんてほとんどいません!」

「お給料をしっかり欲しければとにかく勉強と健康な体作りを今から行いなさい!」

「中学校~高校の6年間が本当に大切です!」と・・・

 

他にも「なんでこの仕事してるんですか?」とか「この仕事って楽しいですか?」とか「車が好きなんですか?」なんて質問も必ず出ましたね。

もちろん全て正直に話しました。

「やりたくてやってるわけではない!」「楽しいことなんて仕事以外でいくらでも作れるから仕事は楽しくなくていい!」「車なんて好きでなくても成立する仕事!」

こんな感じで答えるとみんな「え~」なんて顔をしますね。

でも嘘をついたりきれいごとを並べるのは好きではないので仕方ありません。

それでも必ずこうも言います!

「好きな仕事じゃないけど、楽しいい仕事じゃないけど、間違いなく誰かの役には立っている仕事です!そして社会の為にもなっています!それだけが唯一のモチベーションです!」と・・・

 

 

こうして2.5時間にわたる体験授業は今回も無事に終了しました。

毎回こうしたイベントに参加することで改めて自分の仕事について色々と考えさせられたりもします。

また、これからの日本を背負う若い子達に少しでも真面目に働くというきっかけが与えられたらうれしいですね。

 

 

ところで先日、父と母にこんな活動をしてると話したら意外な答えが返ってきました。

「あんたは学校の先生に向いてないよきっと」「今の職業が天職じゃないかい」と・・・

色々と考えさせられます。本当に。

 

まだまだ体力には自信あり?

仕事柄、11月から12月までが繁忙期です。

(ちなみに3~4月も)

毎年60連勤は当たり前!

朝7時には出社し退社は0時過ぎ!

通勤時間がバイクで2分なので好きなだけ仕事が出来る環境にいます(笑)

同時に!夜のお付き合いも必然的に多くなります。

去年、一昨年はコロナの影響でほとんどありませんでしたが、今年は堰を切ったかのように夜のお付き合いがバンバン入ってきますね。

その数今月だけで12件!

夜のお付き合いの日は仕事を20時には切り上げて支度をしてお店に向かいます。

大体の場合が11時~12時にお開きになるので、仕事が溜まっている場合は会社に戻り書類仕事をする日もあったりしますが、どんなことがあっても翌日の10時にはお店が開店しお客様がひっきりなしにいらっしゃいます。

眠い!二日酔い!頭痛い!怠い!なんて言っている暇はありません。

なにがなんでも営業時間中は偽善キャラを演じ切る必要があるんです。

(お客様からは真面目キャラで通っているので・・・)

でもお店が閉まってしまえば話は別でしょう。

1人で黙々と仕事が出来ますし、お酒が好きなので夜のお付き合いもそれほど嫌ではないんです。

 

しかし!先日の夜のお付き合いは非常に辛かった!

久しぶりにやられました!

 

仕事を20時に終えいつもの居酒屋に行きました。

私が到着した時には皆結構酔っていましてすごくテンションが高かったです。

なんでも18時から飲んでいたそうで・・・

 

 

24時間何も食べていなかったので食事をしましたが、私の食べっぷりに皆少し驚いていました。

その後はビールを2杯、ウーロンハイを3杯飲みまして次の店に向かいました。

 

 

いつも通っているスナックです。

この日もママはニコニコしながらお酒を作ってくれまして、気が付けばジャスミンハイを8杯以上飲んでいました。

4人で飲んでいたのですが結局ボトルが2本消えてなくなりました。

12時なりスナックの営業時間終了と共にお店を後にした私はそのまま帰ろうとしました。

翌日は7時から取引先との打ち合わせが入っていたからです。

しかし!

「もう一軒行くべ!」の掛け声であっさり連行され3軒目に!

 

数か月前にオープンしたばかりのガールズバー的なお店でした。

正直一番苦手な場所ですかね?

しかもこの日はこのお店のオーナー?の誕生日だったそうで1本15000円もするシャンパンを仲間が3本も入れてしまいました。

 

 

正直「こんな場所で酔った勢いとはいえ何考えているんだろう?この人たちは・・・」と真剣に思いましたし、逆に酔いが醒めてしまうようなノリでした。

たまたま一人で飲みに来ていた優しい女性が、つまらなそうにしている私に話しかけてくれて少しだけ救われましたが、正直キツかったですね。

 

結局4時過ぎまで仲間たちは盛り上がり支払いもいい加減なまま(結局半分以上私が出したと思います)解散することになりました。

ここで問題発生です。

仲間の一人がのみ過ぎたせいか?足元がフラフラです。

これぞ千鳥足!ドリフのコントのような歩き方になっています。

家が近いので送り届けることにしたのですがタクシーがつかまらず歩いて帰ることに・・・

結局15分で着く道のりを1時間ほどかけて何とか自宅に送り届けることが出来ました。

この時点で5時過ぎ・・・

急いで家に帰りました。

 

 

相変わらず玄関の明かりをつけてくれているカミさんに感謝!

 

私に残された時間は2時間余りです。

仮眠をとるか?横になるか?すごく悩みましたが結局シャワーを軽く浴びてそのまま会社に行きました。

久しぶりの徹夜です。

 

予定通り7時から取引先との打ち合わせを行い10時に営業開始です。

この日も朝から晩まで多くのお客さんがいらしてくれました。

仕事スイッチが一度入れば眠くも怠くもなくなります。

ゾーンに入ったかのように黙々と仕事をして閉店時間となりました。

すると・・・

急に全身の力が抜けていきます。

スタッフに「少し横になるわ~」と言って寝落ちしていました。

あまりにも面白かったらしくスタッフに盗撮されていたようです(笑)

 

 

1時間ほど横になっていたら電話が鳴りました。

取引先の営業マンからです。

「いま駅前の飲み屋にいるんですけど来れます?」

私はこの日も「もちろん!」と言って飛び込みのお付き合いに参加したというお話でした。

こんな生活をあと35日あまり頑張らないといけません。

まだまだ44歳!体力だけには自信があります?ね!